サイトマップ RSS

葛西選手が教えてくれた「チーム力」 萩原智子 (2/5ページ)

2014.3.24 17:10

スキージャンプ男子団体で銅メダルに輝き喜ぶ(左から)清水礼留飛(れるひ)、竹内択(たく)、伊東大貴、葛西紀明の各選手=2014年2月17日、ロシア・ソチ(大里直也撮影)

スキージャンプ男子団体で銅メダルに輝き喜ぶ(左から)清水礼留飛(れるひ)、竹内択(たく)、伊東大貴、葛西紀明の各選手=2014年2月17日、ロシア・ソチ(大里直也撮影)【拡大】

  • 【ソチ冬季五輪】日本選手メダリスト=2014年2月23日、ロシア・ソチのフィシュト五輪スタジアムで開会式
  • ロシア・ソチ市と、クラスノダール地方
  • ソチ五輪(冬季)=2014年2月6日~2月23日、ロシア・ソチ
  • 【笑顔のアスリート学】萩原智子さん。1980年4月13日、山梨県生まれ。身長178センチの大型スイマーとして、2000年シドニー五輪女子200メートル背泳ぎ4位、女子200メートル個人メドレーで8位入賞。02年の日本選手権で史上初の4冠達成。04年にいったん現役引退し、09年に復帰。子宮内膜症、卵巣嚢腫(のうしゅ)の手術を乗り越え、現在は講演、水泳教室やキャスターなどの仕事をこなす=2007年7月17日(提供写真)

 1人の力で世界の大舞台で戦うことは難しい。競泳は、個人競技であり、「チーム力」が武器となる団体競技ではない。スタート台へ立ったとき、たった一人で戦いに挑まなければならない。まさに「孤独」との戦い。私も経験したが、大きな重圧を感じ、不安や恐怖心を1人で抱える。

 競泳のリレーもジャンプの団体も、戦うときは1人だ。

 個人競技の「孤独」をいかに「チーム力」でカバーし、個々がベストのパフォーマンスを発揮できるようにするか-。実は競泳チームは、私が出場した14年前の2000年シドニー五輪の前からこの課題に取り組んでいた。

 当時の日本代表の上野広治ヘッドコーチ(現監督)が中心となり、スタッフがミーティングを重ねた。そこでヒントを得たのが、団体競技の「チーム力」だった。「個々の力を結集しそれぞれの気持ちを一つにすることで、チームとしての目的意識を統一できると」考えた。

 大舞台で極限の緊張感を感じたとき、選手の気持ちは「失敗したらどうしよう」「勝てなかったらどうしよう」と、マイナス思考に陥ってしまうことがある。そうなると、不安は大きくなり、ベストパフォーマンスをみせることは難しくなる。

所属の垣根を越え、研究や情報交換などが自然にできる雰囲気

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ