サイトマップ RSS

人生は短い。今しか撮れないと感じた 映画「LIFE!」 ベン・スティラーさんインタビュー (3/4ページ)

2014.3.28 15:10

「アナログライフに敬意を払い、モノつくりの大切さを再確認しようとすべてフィルムで撮影しました」と語るベン・スティラー監督=2014年3月18日、東京都港区(原田史郎撮影)

「アナログライフに敬意を払い、モノつくりの大切さを再確認しようとすべてフィルムで撮影しました」と語るベン・スティラー監督=2014年3月18日、東京都港区(原田史郎撮影)【拡大】

  • 米ハリウッドのコメディスター、ベン・スティラー監督=2014年3月18日、東京都港区(原田史郎撮影)
  • 映画「LIFE!」で監督、主演、共同プロデューサーを務めたベン・スティラーさん=2014年3月18日、東京都港区(原田史郎撮影)
  • ジャパンプレミアで、日本語吹替版の声を務めたナインティナイン・岡村隆史さんと対面したベン・スティラー監督=2014年3月17日、東京都港区(サンダンスカンパニー提供)
  • 【かざすンAR(視聴無料)】映画「LIFE!」(ベン・ステイラー監督)。公開中(サンダンス・カンパニー提供)

 変化は外見に表れる

 ウォルターは旅を続けるうちに、生きることの意味に気づくばかりか、ビジュアル的にもだんだんとりりしい顔つきになっていき、身なりも洗練されてくることに見る者は気づくだろう。スティラーの意図はこうだ。「この映画はウォルターの内面がいかに変化していくかを描いています。どう見せるかは、もちろん、スタッフたちと相談を重ねました。自分自身、減量もしましたよ。結論としては、人間はこれだけの人生経験を積めば、おのずと見た目も中身も目に見えて違ってくるだろうとの判断です。衣装が変われば、演じる側の意識も変わるだろうとの考えもありました。最終的に彼の人生は充実感に満ちあふれたものとなりましたよね」

 ショーン・ペンの考え

 やっとの思いで、ウォルターは足場の悪い険しい岩山で幻のユキヒョウを撮影中の冒険写真家をつかまえる。そこで冒険写真家がつぶやいた「美しいものは注目を嫌う」とのセリフが実に印象的だ。「これはショーンが考えたんだ。彼がぜひ語らせたいと言ってね。彼の中では、美しいものとは、ユキヒョウではなく、ウォルターのことを指していると思うんですよ。ウォルターは仕事を黙々とやっていて、注目を求めなかったからね」。

Ben Stiller監督略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ