サイトマップ RSS

2014-15年秋冬ミラノ・パリコレクション 注目素材は「ファー&ニット」 (1/5ページ)

2014.3.28 14:00

長いテーブルが置かれたエースホテルのロビー。流行に敏感な若者が集う情報発信地にもなっている=2014年3月9日、英国・首都ロンドン(関本美弥子さん撮影)

長いテーブルが置かれたエースホテルのロビー。流行に敏感な若者が集う情報発信地にもなっている=2014年3月9日、英国・首都ロンドン(関本美弥子さん撮影)【拡大】

  • ボンマルシェの食品館にはさまざまなミネラルウオーターが陳列された棚もある=2014年2月26日、フランス・首都パリ(関本美弥子さん撮影)
  • ボンマルシェの食品館。厳選された食品が取りそろえられていて、陳列方法もとってもおしゃれ=2014年2月26日、フランス・首都パリ(関本美弥子さん撮影)
  • 東京生活研究所ファッションディレクター、関本美弥子さん=2005年6月(長島雅子撮影)

 今秋から来年にかけてのファッショントレンドを占う2014-2015年秋冬のミラノコレクション(2月19~24日)とパリコレクション(2月25日~3月5日)が相次いで開かれました。前回の2014年春夏コレクションではシンプルでクリーンなデザインから装飾的なデザインへと大きな変化が見られましたが、今回の秋冬コレクションはそれらをより深く掘り下げた形で提案されていました。

 注目の素材は「ファー」です。ムートンまで含めてあらゆる種類のファーが出てきていました。しかも、ファーをラグジュアリーに着るというより、スポーティーな感覚で着こなすのがトレンドです。マルニに見られるようにジップアップやドローストリング(ウエストや袖口を袋状にしてひもを通した物。縛ることでボリューム感を出す)などスポーツアイテムから取ったデザインとファーを組み合わせるルックが見られました。今シーズンに関していうとフェイクファーではなくて、本物のファーがトレンドのようです。

 そして、今シーズン注目のアイテムはニットです。久々にタートルネックがたくさん出ていました。ニットのドレスからニットのコートまでそれこそオールアイテムありました。ニットは私たちにとっても身近なアイテムなので、この秋はニットを楽しんでコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

注目のカラーは「ボルドーワインのような暗い赤色」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ