サイトマップ RSS

あでやかに咲いた季節を味わう 虎屋菓寮 京都一条店 (1/5ページ)

2014.3.30 12:40

「都をどり」の茶席で出される薯蕷(じょうよ)まんじゅう「春の日和」。奧のピンク色は4月前半、手前の緑は葉桜をイメージして4月後半のもの

「都をどり」の茶席で出される薯蕷(じょうよ)まんじゅう「春の日和」。奧のピンク色は4月前半、手前の緑は葉桜をイメージして4月後半のもの【拡大】

  • 春を代表する和菓子「桜餅」。虎屋製は小麦粉を焼いた生地を使う関東風だ
  • 年間商品のあんみつと抹茶のセット。よく見ると、中の花がピンクの桜。季節で意匠を替えている。黒みつか白みつをかけて
  • 華やかな濃いピンク色の「奈良の都」はナラノヤエザクラをかたどった
  • 季節の羊羹(ようかん)「雲井の桜」
  • 京都御所の西にある「虎屋菓寮_京都一条店」=2014年3月17日、京都市上京区
  • ゆったりとした「虎屋菓寮」の店内。貴重な本が並べられ、閲覧もできる=2014年3月17日、京都市上京
  • 蔵を中心に、梅や桜など季節の花が迎えてくれる「虎屋菓寮」の庭=2014年3月17日、京都市上京区

 【京都うまいものめぐり】

 桜の開花情報も相次ぎ、いよいよ京都も春爛漫。お皿の上に咲く、和菓子の春を探してみた。室町時代の創業で、御所の御用を務めた老舗中の老舗、虎屋。明治の遷都で東京に移ったのは有名だが、今も京都御所のすぐ西側に京都一条店と虎屋菓寮がある。由緒と雅が詰まった桜づくしの和菓子で、春を満喫してみてはいかがだろう?

 都をどり茶席の菓子

 4月1日から祗園で始まる恒例の「都をどり」。大勢の芸舞妓(げいまいこ)が舞う舞台とともに毎日、茶席が設けられているのはご存じだろうか。

 黒紋付きの正装に身を固めた芸妓が茶をたて、舞妓が運ぶという豪華で京都情緒たっぷりの「おもてなし」。そのときに出される和菓子が、虎屋製の薯蕷(じょうよ)まんじゅう「春の日和」だ。

「桜餅は関東風」のわけ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ