サイトマップ RSS

きょうは世界自閉症啓発デー 低い認知度に衝撃「3年で追いつく!」 (1/4ページ)

2014.4.2 11:55

2014年4月2日の「世界自閉症啓発デー」を多くの人に知ってもらうため活動する「Getintouch」の東ちづる理事長(左から2人目)=2013年10月6日(山下元気さん撮影、提供写真)

2014年4月2日の「世界自閉症啓発デー」を多くの人に知ってもらうため活動する「Getintouch」の東ちづる理事長(左から2人目)=2013年10月6日(山下元気さん撮影、提供写真)【拡大】

  • NPO法人「東京都自閉症協会」の今井忠理事長=2014年3月27日(大川彰さん撮影、提供写真)

 【まぜこぜエクスプレ】Vol.2

 4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」。この日のことをより多くの人に知ってもらうため、世界各地のランドマークがブルーに染まる。東京タワーでもブルーライトアップ点灯式(厚生労働省など主催)が行われ、一般社団法人「Get in touch」が、イベント「Warm Blue Day 2014」を開く。どうしてこのイベントを行うようになったのか。理事長を務める東ちづるが、この日への思いを語った。

 20年前のようだ

 私が、4月2日は国連の定めた「世界自閉症啓発デー」だと知ったのは、2012年の初夏でした。

 それまで20年以上、難病の患者さんや障がいのある人、生きづらさを抱えた人、色とりどりの人たちと一緒に活動をしてきました。けれども、2007年の国連総会で、4月2日が「世界自閉症啓発デー」に決まり、各国のランドマークをブルーにライトアップする活動が行われていることを、知る機会がなかったのです。

身近に感じてほしい

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ