サイトマップ RSS

しっかり食べる ゆったりくつろぐ カフェ バスティーユ (4/4ページ)

2014.4.6 14:30

「特製フレンチトースト」(690円)。バゲットのカリッとした食感とメープルシロップの甘味の相性が抜群で、上に乗ったアイスクリームともよく合う

「特製フレンチトースト」(690円)。バゲットのカリッとした食感とメープルシロップの甘味の相性が抜群で、上に乗ったアイスクリームともよく合う【拡大】

  • ディナーメニューの「若鶏のクスクス」(1680円)も人気の一品。クスクスにソースがしみこんで、滋味豊か
  • ディナーメニューの「エビと菜の花のニョッキ・トマトソース」(1500円)。エビはぷりぷり、ニョッキはもちもち
  • 「牛ミンチとポテトフライのバゲットサンド」(900円)。肉の存在感はもちろん、あふれるほどのポテトフライもすごい!_噛みしめるとパンの香りが広がる
  • ワインにぴったり「ビストロプレート」はビストロの定番料理の数々が一皿に。お肉のパテ、リエット、キャロット・ラペ、ウフ・マヨネーズ(手前から)にパルマ生ハム・ラタトゥイユがついて1800円
  • オーナーシェフの山本知(さとる)さん。優しげな雰囲気の“癒し系”だが、料理に対する情熱は熱い=2014年3月20日、京都市中京区(恵守乾撮影)
  • 落ち着いたウッド調の店内。外国人カップルがワインと食事を楽しんでいた。これぞパリのカフェという雰囲気=2014年3月20日、京都市中京区(恵守乾撮影)
  • 小粋なカフェの趣きが漂う「カフェ_バスティーユ」。山本知(さとる)さんが好きなパリの街の名を店名したという=2014年3月20日、京都市中京区(恵守乾撮影)

 「がっつり食事したい人と軽くお酒を飲みたい人が一緒に来ても大丈夫。いつでも気軽に使える『結局ここに来たな』という存在でありたいですね」。物静かな雰囲気の山本さんだが、実はエネルギッシュで行動力抜群。まだまだやりたいことはあると目を輝かせる。(文:杉山みどり/撮影:恵守乾(えもり・かん)/SANKEI EXPRESS

 ■カフェ バスティーユ 京都市中京区柳馬場通三条上ル油屋町94。(電)075・222・1228。営業時間=午前11時30分~午後10時30分(LO)。月曜定休。ランチメニュー=日替わりランチ(930円)など。カフェメニュー=モンブランなどのデザート類や紅茶の種類も豊富。ディナーメニュー=がっつり系メーン料理から前菜やサンドイッチまでいろいろ。“欲しい物が欲しい時にちょうどある”一日中使えるカフェ・ビストロ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ