サイトマップ RSS

【競泳】復活の入江 滑らかに背泳ぎ2冠 (1/2ページ)

2014.4.14 10:30

男子200メートル背泳ぎ決勝を1分53秒91で優勝した入江(いりえ)陵介。奥は萩野公介=2014年4月13日、東京都江東区・東京辰巳国際水泳場(共同)

男子200メートル背泳ぎ決勝を1分53秒91で優勝した入江(いりえ)陵介。奥は萩野公介=2014年4月13日、東京都江東区・東京辰巳国際水泳場(共同)【拡大】

 仁川アジア大会などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権最終日は4月13日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル背泳ぎはロンドン五輪銀メダルの入江(いりえ)陵介(24)=イトマン東進=が1分53秒91で制し、100メートルとの2冠に輝いた。昨年(2013年)、史上初の5冠を達成した萩野公介(19)=東洋大=は0秒32差の2位で4種目制覇にとどまった。

 男子50メートル自由形は塩浦慎理(しんり、22)=イトマン東進=が自身の日本記録を0秒14更新する21秒88で制覇。女子200メートル平泳ぎの渡部香生子(わたなべ ・かなこ、17)=JSS立石=が2分21秒09の高校新をマークし、3種目で優勝した。男子200メートル平泳ぎは小日向一輝(セントラルスポーツ)が2分9秒67で勝った。

 力強く、滑らかに泳いだ。入江が本職の男子200メートル背泳ぎで、ロンドン五輪以来の1分53秒台の好記録。100メートルに続き萩野を退け「いいタイムで2つ勝てて良かった」と爽快感を漂わせた。

ペットボトルをおでこに乗せたまま泳げる滑らかなフォーム

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ