サイトマップ RSS

特別展「栄西と建仁寺」 禅宗の祖 ゆかりの至宝一堂に (1/4ページ)

2014.4.15 19:00

「雪梅雄鶏図」_伊藤若冲_江戸時代・18世紀_京都・建仁寺塔頭の両足院蔵(全期間展示、提供写真)

「雪梅雄鶏図」_伊藤若冲_江戸時代・18世紀_京都・建仁寺塔頭の両足院蔵(全期間展示、提供写真)【拡大】

  • 国宝「風神雷神図屏風」_俵屋宗達_江戸時代・17世紀_京都・建仁寺蔵(全期間展示、提供写真)
  • 国宝「風神雷神図屏風」_俵屋宗達_江戸時代・17世紀_京都・建仁寺蔵(全期間展示、提供写真)
  • 重文「雲龍図」(8幅のうち左4幅)_海北友松_安土桃山時代・1599(慶長4)年_京都・建仁寺蔵(左4幅は5月6日まで展示、提供写真)
  • 重文「雲龍図」(8幅のうち左4幅)_海北友松_安土桃山時代・1599(慶長4)年_京都・建仁寺蔵(左4幅は5月6日まで展示、提供写真)
  • 重文「雲龍図」(8幅のうち左4幅)_海北友松_安土桃山時代・1599(慶長4)年_京都・建仁寺蔵(左4幅は5月6日まで展示、提供写真)
  • 重文「雲龍図」(8幅のうち左4幅)_海北友松_安土桃山時代・1599(慶長4)年_京都・建仁寺蔵(左4幅は5月6日まで展示、提供写真)
  • 「牧童吹笛図」_長澤芦雪_江戸時代・18世紀_京都・久昌院蔵(全期間展示、提供写真)
  • 四頭茶会が行われる部屋を再現したコーナー。中央に栄西禅師の頂相と左右に龍と虎の絵が置かれる=2014年3月24日、東京都台東区上野の東京国立博物館(田中幸美撮影)
  • 建仁寺(けんにんじ)の広大な敷地内には塔頭(たっちゅう)と呼ばれる小さな寺が散在する。写真正面は本坊=2014年4月8日、京都市東山区(田中幸美撮影)

 【アートクルーズ】

 日本の禅宗の祖とされ、京都最古の禅寺、建仁寺(けんにんじ、京都市東山区)を開いた栄西(ようさい)禅師(1141~1215年)の800年遠忌(おんき)を記念して、栄西ゆかりの美術品を集めた特別展「栄西と建仁寺」が東京・上野の東京国立博物館で開かれている。国宝4件、重要文化財38件を含む計183件の至宝だ。

 一番の注目は、5年ぶりに公開される琳派(りんぱ)の創始者、俵屋宗達の筆による国宝「風神雷神図屏風」。また、この作品に影響を受けて後に同じモチーフで制作した尾形光琳の重文「風神雷神図屏風」も6年ぶりに同時公開される。2作品の見比べは欠かせない。

 さらに、建仁寺は桃山画壇を代表する画家の一人、海北友松(かいほうゆうしょう)の作品が数多く残る寺としても知られ、いずれも重文の「雲龍図」や「竹林七賢図(ちくりんしちけんず)」などが展示され、見どころが多い。

 建仁寺は1202(建仁2)年に建立。元号を寺名とする珍しい寺だ。当初は天台・真言・禅の三宗兼学としたが、後に禅寺として確立され、1386年には寺格が京都五山の第三位となった。俗に「建仁寺の学問面(がくもんづら)」と言われ、詩文芸術に秀でた禅僧を輩出、五山文学と称される文芸を創出した。

「武人画家」 再興の襖絵

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ