サイトマップ RSS

個性的フレーズたたき出す ファンクのホープ Mountain Mocha Kilimanjaro (1/4ページ)

2014.4.16 14:00

  • クリエーティブ・ディレクター、DJ、執筆家の沖野修也さん=2014年1月23日(提供写真)

 国産のファンクが熱い! ファンクといえば本場はアメリカで、1970年代に隆盛を誇ったブラックミュージックの一形態。起源には諸説あるが、60年代後半にジェームス・ブラウンが、リズム・アンド・ブルースとロックを融合させて生み出したというエピソードが有力視されている。メロディーを聴かせるソウルに対し、歌の譜割りがよりリズミックで叫びに近い歌唱が主流で、時に声ではなく管楽器のリフが楽曲の主旋律となるファンクは、そもそも高揚感が強く、“熱い”音楽である。

 国内外に支持者

 そんなファンクの日本での盛り上がりが今年に入って加速している。その代表格、オーサカ=モノレールは、まさにジェームス・ブラウンの精神を受け継ぐ大所帯バンド。世界最大の音楽フェスティバル、WOMADにも出演し、今や国際的な認知度を誇る日本でナンバーワンの国産ファンクバンドといえるだろう。

 また、今年に入ってCDがリリースされ、がぜん注目を集めるのが紅一点、女性シンガーAmy Aを擁するQ.A.S.B。彼らはヒップホップの草創期からDJやダンサーに愛されてきたイギリスのロックバンド、Babe Ruthによる名曲「The Mexcian」をファンクカバーし、一躍クラブシーンで話題となった。

国産ファンクのホープとしてその地位を完全に確立

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ