サイトマップ RSS

世界に飛び出す独自のポップカルチャー アーバンギャルド  (2/3ページ)

2014.4.23 16:30

  • アーティスト・作詞家、サエキけんぞう(提供写真)
  • サエキけんぞうさんがロックの問題作21枚を取り上げ、苦難の道のりと未来への展望を記した「ロックの闘い1965-1985」(シンコーミュージック、1890円)が発刊されました(提供写真)

 そんな体験も生かした新作『鬱くしい国』は、どのようなコンセプトだろうか?

 「ズバリ現代日本がテーマです。経済的にも文化的にも豊かな国でありながら、年間3万人以上の自殺者を出すこの国の光と闇をドキュメントしました。この国に対する愛憎渦巻く思いをぶつけたのです」

 大人に聴いてほしい

 新作では「ハラキリ」といった言葉も飛び出し、ヒャダインにも通じるきらびやかでアップテンポなサウンドが抜群に面白い。

 「洋楽ではもはやメーンストリームとなった感もあるEDMに、日本ならではのボーカロイドやアイドルソング、そしてロックの要素が溶け込んだ、キメラな快作になりました」

 サウンドのコンセプトが練られている背景には「大人にこそ聴いてもらいたい」という思いがあるという。今後、海外に打って出るとしたら、どの部分を強調したいのだろう。

音楽アーティスト URBANGARDE略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ