サイトマップ RSS

世界遺産の門前で触れる「心意気」 「進化し続ける料理」目指す 平等院表参道 竹林 (1/4ページ)

2014.4.28 16:10

素材の味はもちろん、色彩など細部にも気を配った逸品

素材の味はもちろん、色彩など細部にも気を配った逸品【拡大】

  • 太い竹をそいだ鉢に盛りつけられたアユの塩焼き
  • 京料理の魅力がコンパクトにまとめられた昼食限定の弁当
  • サイフォン仕立ての宇治茶。日本茶本来のコクをさらに引き立てる
  • 四季を織りなす屏風に見立てた客室のガラス窓=2014年4月17日、京都府宇治市(恵守乾撮影)
  • 歴史を感じさせる竹林の表玄関=2014年4月17日、京都府宇治市(恵守乾撮影)
  • 修復工事を終え、かつての輝きを取り戻した平等院鳳凰堂=2014年4月17日、京都府宇治市(恵守乾撮影)

 【京都うまいものめぐり】

 修復工事を終え、かつての輝きを取り戻した宇治市の平等院鳳凰堂は、世界遺産に選ばれていることもあり、国内外の観光客らでさらなるにぎわいをみせている。その門前で店を構える「平等院表参道 竹林」は歴史を感じさせる門構えとともに、日本料理の伝統や文化に新しい料理法を加味した「進化し続ける料理」を目指す“小粋な料亭”として注目を集めている。

 宇治市といえば、静岡茶、狭山茶と並んで「日本三大茶」と言われる「宇治茶」で有名な茶どころで知られる。静岡茶のような「深蒸し」に比べて「浅蒸し」と呼ばれ、抽出されたお茶は黄色を帯びた緑色。薄味だが、少し苦みがあり、のどごしの良さで人気がある。

 宇治茶の香り

 京阪電鉄・宇治駅方面からだと、宇治橋を渡り、そんな宇治茶の香りに誘われながら左折すれば、平等院までは10分ほど。沿道には茶屋はもちろん、宇治茶のうま味を生かした茶そばなどを提供する店舗などが軒を連ね、週末ともなれば押すな押すなのにぎわいをみせる。

屏風に見立て

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ