サイトマップ RSS

【Q&A】「混合診療」拡大へ 選択肢広げ患者負担軽減 (1/3ページ)

2014.5.8 11:10

経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議であいさつする安倍晋三首相(左)。「混合診療」拡大案の取りまとめを指示した=2014年4月16日、首相官邸(共同)

経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議であいさつする安倍晋三首相(左)。「混合診療」拡大案の取りまとめを指示した=2014年4月16日、首相官邸(共同)【拡大】

 安倍晋三首相が「混合診療」の拡大案をとりまとめるよう関係閣僚に指示しました。

 Q 混合診療とは何ですか

 A みなさんが病気やけがで病院に行くとき、窓口に保険証を出しますよね。これは公的医療保険を使って受診するためです。かかった医療費は、一部を窓口で支払い、残りは保険で賄われます。これに対し、公的保険で認められていない治療は「自由診療」と呼ばれ、保険がききません。自由診療と保険がきく診療を組み合わせることが混合診療ですが、国は一部の例外を除いて禁止しています。

 Q 禁止とは

 A 混合診療をした場合、本来は保険がきく通常の検査代や入院料も含め、全額を自費で支払わなければいけなくなるのです。自由診療だけ全額を自費で支払い、他の部分に保険を使うことはできないのです。

患者の負担を減らし、治療の選択肢を広げるべきだとの意見

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ