サイトマップ RSS

資金調達から制作まで全てが新しい マーク・ド・クライヴ-ロウ (1/4ページ)

2014.5.14 15:20

  • クリエーティブ・ディレクター、DJ、執筆家の沖野修也さん=2014年1月23日(提供写真)

 クラブジャズシーンを代表するアーティスト、マーク・ド・クライヴ-ロウがネット上のクラウドファンディング用サイト「キックスターター」でアルバム製作の資金調達に成功したというニュースが飛び込んできた。本来、ニューアルバムのリリースが決まったことをお祝いすべきなのだが、僕を含めた同業者が喜んだのは新たな予算確保の方法が提示されたことだった。海外にはCDショップさえない国が増え、CDビジネスの不振にあえぐ大手レコード会社が有名アーティストの作品ばかりリリースする中、マークの試みが見事な結果を出したことは、実に明るい兆しだ。

 作品に実験精神反映

 音楽的に妥協して売れ線にシフトしたり、誰かの二番煎じに甘んじれば、リスナーからそっぽを向かれるだけでなく、自己のアイデンティティーの崩壊すら引き起こしかねない。自分の信念を貫き、新作を待ちわびるファンから資金を集めることで制作費を確保する手法は、事前に必要額を算出し、資金調達ができたときにアルバム製作が可能となるため、ギャンブル的な要素を排除できるという意味でも非常に健全である。

作品の内容にもマークの実験精神が反映

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ