サイトマップ RSS

一見さんも歓迎 名物女将がおもてなし 山とみ (1/4ページ)

2014.5.18 10:10

名物「鉄ピン揚げ」は、自分で衣をつけて鉄瓶で揚げる天ぷら。串に刺した新鮮な魚や肉、野菜など16種類で2880円。自分のペースで揚げたて熱々を

名物「鉄ピン揚げ」は、自分で衣をつけて鉄瓶で揚げる天ぷら。串に刺した新鮮な魚や肉、野菜など16種類で2880円。自分のペースで揚げたて熱々を【拡大】

  • 2色の味噌で変化をつけた「なすの田楽」(650円)。味噌の香ばしさと熱々なすの相性が抜群
  • ハモを湯引きした「はもおとし」(1920円)。梅肉でも、わさびじょうゆでもお好みで
  • 大豆のやさしい香りとほんのりした甘さが味わえる「ゆばさしみ」(750円)
  • おでん(160円~)も「山とみ」の名物。お酒といっしょに楽しむ人が多い。写真は盛り合わせ(770円)
  • 清涼感あふれる「鮎の塩焼き」(750円)も絶妙の焼き加減
  • 女将の柴田京子さん。柴田さんとの会話を楽しみたいと、カウンター席はいつも満席。もちろん初めてでもこの笑顔で歓迎してくれる=2014年5月9日、京都市中京区(恵守乾撮影)
  • 5~9月限定の床席。TVドラマ「半沢直樹」で、半沢、渡真利、近藤の同期3人が酒を酌み交わすシーンがここで撮影された=2014年5月9日、京都市中京区(恵守乾撮影)
  • 「山とみ」の入り口では、女将がモデルの“京ちゃん人形”が出迎えてくれる=2014年5月9日、京都市中京区(恵守乾撮影)

 【京都うまいものめぐり】

 京都五花街の一つ、先斗町(ぽんとちょう)。ひと昔前は「一見さんお断り」のイメージが強かったが、今は気軽に入れる飲食店も増えた。中でも「常連客は旅人のあなた」をキャッチフレーズにしている「山とみ」は、家庭的な雰囲気で京都らしい料理や珍しい酒を供し、リピーターも多い。昨年(2013年)大ヒットしたTVドラマ「半沢直樹」のロケが行われたこともあり、さらににぎわいを見せている。

 先斗町とは、三条通りの一筋南から四条通りまで通じる鴨川沿いの南北約500メートルの細長い通りを指す。春が過ぎると川沿いの店が川の上(もしくは川のよく見える位置)に座敷を設け料理を提供する「床(ゆか)」が始まる。京の夏の風物詩の一つ。「山とみ」も5月に入ると床開きをする。

 熱々の天ぷら「はふはふ」

 初夏の風を受けながら、名物の「鉄ピン揚げ」をいただく。湯ではなく油の入った南部鉄器の鉄瓶で、四季折々のネタに衣を付けて自分で串を揚げるスタイルだ。

 まずは新鮮なエビに衣をつけ、油に投入。うっすら色づいてきたら引き上げて、熱々をはふはふ言いながら食べる。鉄ピン揚げは、肉や魚、野菜の串16種類に、ご飯、赤だし、香の物、デザートがついてボリューム満点だ。

「初めてのお客さんでも、これで会話がはずむんですよ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ