サイトマップ RSS

計算された軽妙さという魔法 「デュフィ展」 (1/5ページ)

2014.5.26 11:20

【デュフィ展】「ニースの窓辺」1928年_島根県立美術館。(C)ADAGP、Paris&JASPAR,Tokyo,2014_E0972

【デュフィ展】「ニースの窓辺」1928年_島根県立美術館。(C)ADAGP、Paris&JASPAR,Tokyo,2014_E0972【拡大】

  • 【デュフィ展】「ヴァイオリンのある静物:バッハへのオマージュ」1952年_油彩、カンヴァス_パリ国立近代美術館、ポンビドゥー・センター。(C)Centre_Pompidou,MNAM-CCI,Dist.RMNーGrand_Palais/Jean-Claude_Planchet/Distributed_by_AMF
  • 【デュフィ展】「トゥルーヴィルのポスター」1906年_油彩、カンヴァス。パリ国立近代美術館、ポンビドゥー・センター。(C)Centre_Pompidou,MNAM-CCI,Dist.RMNーGrand_Palais/Philippe_Migeat/Distributed
  • 【デュフィ展】「レスタックのアーケード」1908年_パリ国立近代美術館、ポンビドゥー・センター(カンティーニ美術館、マルセイユ_寄託)。(C)Centre_Pompidou,MNAM-CCI,Dist.RMNーGrand_Palais/Jean-Francois_Tomasian/Distributed_by_AMF
  • 【デュフィ展】「たちあおい」1918年(シルクにプリント)_ビアンキーニ=フェリエ社のテキスタイル_島根県立石見美術館。(C)ADAGP,Paris&JASPAR,Tokyo,2014_E0972

 【アートクルーズ】

 20世紀フランスを代表する画家、デュフィ(1877~1953年)の回顧展が6月7日から、Bunkamuraザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂)で開かれる。明るく軽妙なタッチで「生きる喜び」(joie de vivre)を表現したデュフィ。独自の画風を生み出すまでに画家が葛藤した苦悩や試行錯誤にまで迫る展覧会となっている。

 デュフィの絵を見るたび、いつも思ってきたことがある。「こんなに自由闊達(かったつ)に絵が描けたら、どんなに楽しいだろう」。例えば「ニースの窓辺」では、輪郭線から色がはみ出し、「ヴァイオリンのある静物:バッハへのオマージュ」では、花や楽器を描いた線が、音楽に合わせるようにリズミカルに踊っている。

 青と緑、黄色と紫、赤と黄色の色面同士が明るく、しかも美しく調和し、描かれた線のスピードや柔らかさが心地よい。線の美しさは、日本の磁器・伊万里(有田)に描かれた職人の筆の達者さにも通じるものがある。デュフィが日本で愛され続けるのは、この軽妙洒脱(しゃだつ)さに加え、あこがれの国フランスの香りがあるからだろう。

苦心の末に編み出した「魔法」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ