サイトマップ RSS

「見えない」バンドライブの緊張感 怪物さんと退屈くんの12ヵ月 椹木野衣 (4/5ページ)

2014.6.2 13:00

第5回公演「重力放射の夜」=2014年5月20日(提供写真)

第5回公演「重力放射の夜」=2014年5月20日(提供写真)【拡大】

  • 第4回公演「デトロイトテクノ人形」=2014年4月23日(提供写真)
  • 第3回公演「Last_Day_of_Humanity」=2014年3月19日(提供写真)
  • 第2回公演「moshing_maniac_2000」=2014年2月19日(提供写真)
  • アーティスト、coreofbells(コアオブベルズ)のメンバー=2013年12月8日(提供写真)

 ただし、それは緊張感ある退屈である。たしかにあの「重力放射の夜」も、見るものがなにもない以上、退屈といえば退屈ではあった。しかし、それは単なる退屈ではなかった。いつ、なにが起こるかしれない極度に緊張した退屈なのだ。ただならぬ気配が、それを弛緩(しかん)したものにすることを許してくれないからである。

 怪物と退屈を共存させるため、彼らはあらゆる手を尽くす。ゆえに、ステージは1回ごとに、似ても似つかぬものとなり、演出も演奏もまったく様変わりしてしまう。バンドとはいっても、演劇やパフォーマンスはもちろん、音楽や文学、美術の要素も適宜、盛り込まれ、不要なものは音楽の鑑賞に不可欠なものであっても、容赦なく削り取られる。冒頭でかれらのことを「ロックバンド」と紹介するのに躊躇(ちゅうちょ)したのは、そのためだ。

 彼らはこの手法のことを「退屈な降霊術」と呼び、「現在の僕たちの生活をどこか反映した普遍に届くことと信じています」と記している。たしかにいま、私たちはさまざまな見えない恐怖に24時間、つねに囲まれて暮らしている。コアオブベルズが仕掛ける12カ月は、そのような事態を、たしかに反映している。(多摩美術大学教授 椹木野衣(さわらぎ・のい)/SANKEI EXPRESS

ガイド:第6回公演「ウワサの眞相(しんそう)」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ