サイトマップ RSS

愛しのラテンアメリカ(10)グアテマラ コーヒーで感じた日本との距離 (1/3ページ)

2014.6.5 17:30

湖は市民の生活の一部になっている=2014年6月1日、グアテマラ・サンペドロ・ラ・ラグーナ(緑川真実さん撮影)

湖は市民の生活の一部になっている=2014年6月1日、グアテマラ・サンペドロ・ラ・ラグーナ(緑川真実さん撮影)【拡大】

  • アティトラン湖観光の拠点となるパナハッチェルの桟橋。乗客が満員になるとボートが出航する=グアテマラ(緑川真実さん撮影)
  • 朝方トルティーヤを焼く煙があちこちから立ち上る=グアテマラ・パナハッチェル(緑川真実さん撮影)
  • 年配の男性も民族衣装を着ている人が多い=2013年1月5日、グアテマラ・サンペドロ・ラ・ラグーナ(緑川真実さん撮影)
  • 満面の笑みの土産物屋さん=グアテマラ・サンタ・マリア・デ・ヘスス(緑川真実さん撮影)
  • グアテマラ・首都グアテラマ市

 グアテマラは、メキシコの南東側に位置する中米の国。私が滞在したサン・ペドロ・ラ・ラグーナは、約8万4000年前の噴火で誕生したカルデラ湖、アティトラン湖周辺に点在する先住民マヤ系民族の村々のひとつだ。

 村の女性の大半は民族衣装を着て、会話もマヤ系言語が飛び交うなど伝統を受け継いでいる。その一方で、スクーターや、サングラス、屋外コートでするバスケットボールなど現代的な物質文明にもなじみ、保守的な雰囲気はない。観光客にも慣れており、メキシコの先住民とは違って、積極的に外国人とコミュニケーションをとり、カメラを向けても笑顔で応えてくれるなど愛嬌(あいきょう)がある。

 また、観光の他にコーヒー産業に携わっている住民が多く、夕方になると作業着姿で長靴を履いた男性が、70キロはあるだろうズタ袋いっぱいのコーヒーの実を背負って、一歩一歩踏みしめるように山から下りて来る。麓を走る未舗装の道には数十メートルおきにお手製の重量計が設置され、収穫したばかりのコーヒーの実が換金される。周辺には男たちの家族も迎えにきており、夕暮れ時、付近はちょっとしたにぎわいを見せていた。湖畔の大豆色に染まった一帯は、整地用のトンボでまんべんなく乾燥したコーヒーの実を広げる作業に男性たちがいそしんでいた。

美しい湖畔に湧く黒い噂

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ