サイトマップ RSS

ジレンマと向き合った結果の連作集 「ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち」著者 仁木稔さん (1/3ページ)

2014.6.11 18:05

幼いころからSF作家を志していたという仁木稔(にき・みのる)さん。「ファンタジーを読んでいても、『これは地動説の世界なのか天動説の世界なのか』と設定が気になってしまう」と苦笑するほどのSF好きだ=2014年5月30日、東京都千代田区(塩塚夢撮影)

幼いころからSF作家を志していたという仁木稔(にき・みのる)さん。「ファンタジーを読んでいても、『これは地動説の世界なのか天動説の世界なのか』と設定が気になってしまう」と苦笑するほどのSF好きだ=2014年5月30日、東京都千代田区(塩塚夢撮影)【拡大】

  • 「ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち」(仁木稔著/早川書房、1836円、提供写真)

 【本の話をしよう】

 SFの旗手、仁木稔(にき・みのる)さん(41)の5年ぶりの新作単行本『ミーチャ・ベリャーエフの子狐たち』が刊行された。「亜人」と呼ばれる人工生命体を蹂躙(じゅうりん)することで、人類は「絶対平和」を手に入れる-。1985年から、22世紀まで。数百年にわたる時間軸で暴力の構造をえぐりだす連作中編集だ。

 起こりうる「苦しみ」

 2004年のデビュー以降、舞台を共有する「HISTORIAシリーズ」を書き続けてきた。シリーズの基本設定の一つが、20世紀末から約2世紀間、人類を支配した巨大組織「遺伝子管理局」。その治世は「絶対平和」と呼ばれる。本作もその一つと位置づけられ、「絶対平和」の成立から衰退までの時代を扱っている。

 今回収録された最初の物語の舞台は、「妖精(のちの『亜人』)」と呼ばれる人工生命体が労働現場で使役されている01年の米国(と推察される国家)。妖精を嫌悪し排斥運動に加わるケイシーだが、排斥運動にはある謀略が隠されていた-。

読んだ人自身が考えて

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ