サイトマップ RSS

ほっとする、やさしくてなつかしい味 瑞石庵 (2/4ページ)

2014.6.12 14:10

人気の「瑞石(ずいせき)御膳」。自然薯(じねんじょ)のとろろや生麩(なまふ)の田楽(でんがく)などヘルシーさあふれる一品=2014年5月22日、京都市伏見区(恵守乾撮影)

人気の「瑞石(ずいせき)御膳」。自然薯(じねんじょ)のとろろや生麩(なまふ)の田楽(でんがく)などヘルシーさあふれる一品=2014年5月22日、京都市伏見区(恵守乾撮影)【拡大】

  • 自然薯(じねんじょ)独特の粘りやさっぱり感を生かした餃子=2014年5月22日、京都市伏見区(恵守乾撮影)
  • 自然薯(じねんじょ)を洋風に仕上げたグラタン=2014年5月22日、京都市伏見区(恵守乾撮影)
  • とろろ汁と十穀米(じゅっこくまい)をベースに、ちりめん山椒(さんしょう)梅干しなどをトッピングして多彩な味が楽しめる自然薯(じねんじょ)ランチ=2014年5月22日、京都市伏見区(恵守乾撮影)
  • 甘さ控えめでさっぱりした食感の自然薯(じねんじょ)ケーキ=2014年5月22日、京都市伏見区(恵守乾撮影)
  • 自然薯(じねんじょ)を使った「オーガニック料理」の考案に意欲を燃やす木下和枝さん=2014年5月22日、京都市伏見区(恵守乾撮影)
  • 木製の柱が重厚感を演出する店内=2014年5月22日、京都市伏見区(恵守乾撮影)
  • 高級感漂う瑞石(ずいせき)庵の玄関=2014年5月22日、京都市伏見区(恵守乾撮影)

 すりたて自然薯とろろ汁

 瑞石庵は、とある建設会社のオーナーがバブル期に贅(ぜい)を尽くして建設したという立派な施設を借り、開店約3年を迎えた。目立つような看板らしい看板もなく、事前に場所を調べても、分かりやすい場所なのに通り過ぎてしまうほど。隠れ家的な演出か、と感じた。来訪の際は、別荘のような立派な外観に気後れすることなきように。

 ピアニストでもある店主の木下和枝さんは「安全・安心な食材を使い、『ほっとする味』、『やさしい味』、『なつかしい味』にこだわって召し上がっていただいています」と店舗のコンセプトを語る。

 滋養強壮食とされる「自然薯(じねんじょ)」は山芋の最高峰「真芋(まいも)」を山口県から購入。天然のだし汁でのばした「とろろ汁」はすりたてを提供し、一緒に食す十穀米は兵庫県内の農家と契約し、有機栽培された「天高く」という品種の米を炊きあげている。

化学調味料は一切使わず

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ