サイトマップ RSS

苦しいときこそ笑顔で乗り切る 萩原智子 (1/4ページ)

2014.6.16 15:20

4月の水泳日本選手権の女子100メートル平泳ぎで優勝し2位の鈴木聡美選手(左)と笑顔で握手する渡部香生子(わたなべ・かなこ)選手=2014年4月10日、東京都江東区・辰巳国際水泳場(桐山弘太撮影)

4月の水泳日本選手権の女子100メートル平泳ぎで優勝し2位の鈴木聡美選手(左)と笑顔で握手する渡部香生子(わたなべ・かなこ)選手=2014年4月10日、東京都江東区・辰巳国際水泳場(桐山弘太撮影)【拡大】

  • 【笑顔のアスリート学】萩原智子さん。1980年4月13日、山梨県生まれ。身長178センチの大型スイマーとして、2000年シドニー五輪女子200メートル背泳ぎ4位、女子200メートル個人メドレーで8位入賞。02年の日本選手権で史上初の4冠達成。04年にいったん現役引退し、09年に復帰。子宮内膜症、卵巣嚢腫(のうしゅ)の手術を乗り越え、現在は講演、水泳教室やキャスターなどの仕事をこなす=2007年7月17日(提供写真)

 【笑顔のアスリート学】

 東京都北区にある味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で4月下旬、日本水泳連盟の「エリート小学生合宿」が行われ、視察に足を運んできた。小学5年生を対象とし、2泊3日の研修を含めた強化合宿だった。

 集合時の受付では、緊張からかほとんどの選手が元気な挨拶をできなかった。実は、小学生の合宿では毎回のこと。緊張をほぐすために、アイスブレーキング(オリエンテーションのようなもの)などを行ってコミュニケーションを図っていく。それでもなかなか大きな声で挨拶をすることが苦手な選手もいたりするのだが、今回は様子が違った。

 世界を目指すトップアスリートが集うNTCには、競泳だけでなく、五輪で競技が実施されるさまざまな種目の選手たちが練習に汗を流し、寝泊まりもしている。

 今回、小学生たちが研修を終えてプールへ移動する際、他競技の高校生アスリートたちとすれ違った。その際、高校生たちは率先して「こんにちは~!」と笑顔で元気な挨拶をしてくれた。小学生たちは、その大きな声に驚いたのか、一度、立ち止まり体が固まってしまったようだった。

明るい挨拶で活気づく

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ