サイトマップ RSS

「ならず者」アサド氏再選を歓迎するイスラエル (1/3ページ)

2014.6.17 16:10

シリア・首都ダマスカス

シリア・首都ダマスカス【拡大】

  • 作家、元外務省主任分析官、佐藤優(まさる)氏(共同)

 【佐藤優の地球を斬る】

 6月3日、シリアで大統領選挙が行われた。

 <内戦下でのシリア大統領選は4日、開票作業が終了し、同国のラハム人民議会(国会)議長は、現職のバッシャール・アサド大統領(48)が88.7%の票を獲得して3期目の当選を決めたと発表した。アサド氏は今後、国民の圧倒的な支持で正当性を得たと主張し、反体制派への攻勢を強めるものとみられる。任期は7年。国営メディアによると投票率は73.42%だった。

 アサド氏は結果発表に先立つ4日、「国民はテロリズムに対して自分たちの信念を示した」とする声明を発表。これに対し、反体制派の活動家らはインターネット上で、「政権打倒まで戦い続ける」「選挙に正当性はない」などと主張している>(6月5日のMSN産経ニュース)

 対抗勢力不在で政権存続

 今回の大統領選挙は、複数候補の間で争われた。シリアの歴史で、大統領候補が複数いたのは初めてのことだ。アサド政権は、この事実を取り上げて、あたかもシリアでは民主的な大統領選挙が行われたかのごときプロパガンダ(宣伝)を行っている。しかし、それを額面通りに受け止める人はいない。アサド氏以外に当選する可能性のある人が1人も立候補していないからだ。ちなみにアサド氏以外の候補の得票率は、実業家のヌーリ氏が4.3%、人民議会議員のハッジャール氏が3.2%だった。

シリア 「ならず者国家」もしくは「破綻国家」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ