サイトマップ RSS

日本でデビューすることが夢だった! ナット・ウェラー (2/4ページ)

2014.6.25 15:15

  • アーティスト・作詞家、サエキけんぞう(提供写真)
  • サエキけんぞうさんがロックの問題作21枚を取り上げ、苦難の道のりと未来への展望を記した「ロックの闘い1965-1985」(シンコーミュージック、1890円)が発刊されました(提供写真)

 多様性が大事

 ――動画サイトには、英国の自分のバンドの演奏がアップされていて、それもとてもカッコ良かったです。デビューアルバム『It Begins』はどんなアルバム?

 「今回のアルバムは、英国にある自分のバンドではなく、日本のエレクトロロックバンド、GARIのYOU-ROW(ヨウイチロウ)がサウンドプロデュースをしていて、いろいろなサウンドが入っています。多様性を持つことがすごく大事だな、と思っています。また日本語でたくさん歌っています」

 ――音楽のスタイルは、典型的な英国ロッカーであるお父さんと随分違うのですが、お父さんはどう思ってらっしゃいますか?

 「父は僕の聴く日本の音楽すべてを好きなわけではないけど、僕の立場をよく認めてくれてます。好き嫌いは別として、優れた日本の音楽に対するリスペクトもあります。例えばMIYAVIの動画を父に見せて、感心してもらったりしてますよ」

音楽アーティスト NATT WELLER略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ