サイトマップ RSS

日本でデビューすることが夢だった! ナット・ウェラー (3/4ページ)

2014.6.25 15:15

  • アーティスト・作詞家、サエキけんぞう(提供写真)
  • サエキけんぞうさんがロックの問題作21枚を取り上げ、苦難の道のりと未来への展望を記した「ロックの闘い1965-1985」(シンコーミュージック、1890円)が発刊されました(提供写真)

 ――今回のアルバムはナットの日本からの影響と、ポール・ウェラーの息子としての洋楽性が溶け合って、今までにないサウンドになっていると思います。

 「ありがとう。フランスや英国を日本人アーティストとして演奏して回りたいんです(笑)」(アーティスト・作詞家 サエキけんぞう/SANKEI EXPRESS

 ■NATT WELLER 英国生まれ。ポール・ウェラーとそのバンド、スタイル・カウンシルのメンバーだったD.C.リーの長男。英国でDJやモデルとして活躍する一方、J-ROCKを世界に伝えられる邦楽アーティストを志す。デビューアルバム『It Begins』にはEDMからダブステップまで、ジャンルレスなサウンドを収録。全6曲のうち日本語詞は3曲。「Burning in The light」は、父ポール・ウェラーがギターで参加している。25歳。

アーティスト・作詞家 サエキけんぞう略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ