サイトマップ RSS

不正とテロに揺れるアフガン大統領選 (1/4ページ)

2014.6.27 16:45

アフガニスタンのアブドラ・アブドラ元外相(共同)

アフガニスタンのアブドラ・アブドラ元外相(共同)【拡大】

  • 6月14日、アフガニスタン・首都カブールの投票所で投票を終えたアシュラフ・ガニ元財務相=2014年(ロイター)
  • アフガニスタン・首都カブール

 【国際情勢分析】

 アフガニスタンで初めての民主的な政権移行を実現する大統領選が、相次ぐ不正告発とテロで揺れている。今月(6月)14日に行われた2候補による決選投票では、双方の陣営が相手候補の不正を告発し、選挙管理委員会の事務局長が辞任する事態に発展した。イスラム原理主義勢力タリバンは各地で、治安部隊や市民へのテロを繰り返している。

 選管事務局長が辞任

 大統領選は4月5日に初回投票が行われたが、過半数を得た候補がいなかったため、得票率45.0%で首位だったアブドラ・アブドラ元外相(53)と31.6%で2位となったアシュラフ・ガニ元財務相(65)による決選投票にもつれ込んだ。

 アブドラ氏は決選投票後の6月18日、選挙で不正があったことに不満を表明し、選管に開票作業をただちに停止するよう求め、開票の監視作業から陣営のスタッフを引き揚げさせた。また、決選投票当日、選管事務局長のジアウル・ハク・アマルヘイル氏の警備担当者がカブールの選管本部から車で無断で投票用紙を運び出そうとして、警察に止められたことが明らかになり、アブドラ氏はアマルヘイル氏の更迭を要求した。

複数の告発映像、音声

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ