サイトマップ RSS

【だから人間は滅びない-天童荒太、つなげる現場へ-】(7-3) 村長 クビ寸前!? 辛抱と寛容 自然な形で身につく (1/4ページ)

2014.6.28 11:40

埼玉県川越市在住のフリーライター、岡崎英生さん愛用の農機具。しっかり使い込まれている=2014年、長野県松本市・四賀クラインガルテン(緑川真実さん撮影)

埼玉県川越市在住のフリーライター、岡崎英生さん愛用の農機具。しっかり使い込まれている=2014年、長野県松本市・四賀クラインガルテン(緑川真実さん撮影)【拡大】

  • 各ラウベの間には豊かな木々が。集落の中を歩くだけでもハイキング気分=2014年、長野県松本市・四賀クラインガルテン(緑川真実さん撮影)
  • 長野県松本市・滞在型市民農園「四賀クラインガルテン」

 ≪農水省「畑に滞在施設、とんでもない」/議会「なぜ、村の税金を都会の人に」/住民「どうせ失敗する」≫

 中島学さん(以下中島) 予算の前にハードルがあった。当時は農地法がかっちりしてましたから、畑に滞在施設を建てるなんてとんでもなかった。農水省に相談に行くわけですが、最初は門前払い。けれど、人の命をはぐくみ幸せを与えるという大命題に農地法が立ちはだかるなんておかしいということで、5、6回通いました。あるとき、向こうが「僕も実は前からクラインガルテン勉強しているんです。いい計画ですよね」と言い出した。じゃあ、農地法をどうするか。「農作業をするには農機具を置いたり休息する場所がいる。疲れて一杯やったらそのまま寝ちゃった、というのはどうですか。滞在施設ではなく、あくまで休息場所です」「そうそう、それで行こう!」って(笑)。

 その次は予算です。幸い、行政的に県と行き来がありまして、当時の知事が応援すると言ってくれた。50%の補助は出せるけど、残り半分どうするか。四賀村(しがむら)、財政力弱いですから。すると、四賀村(しがむら)は過疎の指定町村になっているから、過疎債が使えるよと。元金と利子は交付税で措置できる。村の負担はわずかになりました。

小学館の「サライ」という雑誌に小さな紹介記事

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ