サイトマップ RSS

【ブラジルW杯】ピッチを彩る戦士 プレーで 甘い容姿で 人々魅了 (1/3ページ)

2014.7.5 07:30

【G組】サッカー界きってのイケメンクリスティアーノ・ロナルド(Rマドリード)は、4年に1度の大舞台で輝けずに終わった。「バロンドールの呪い」にかかったか=2014年6月26日、ブラジル・首都ブラジリア(共同)

【G組】サッカー界きってのイケメンクリスティアーノ・ロナルド(Rマドリード)は、4年に1度の大舞台で輝けずに終わった。「バロンドールの呪い」にかかったか=2014年6月26日、ブラジル・首都ブラジリア(共同)【拡大】

  • 【C組】夢の舞台での出場を果たしたものの、残念ながら決勝トーナメント進出は及ばなかった日本代表の内田篤人(シャルケ)=2014年6月14日、ブラジル・ペルナンブーコ州レシフェ(吉沢良太撮影)
  • 2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会(サッカー)の公式マスコット「フレコ(Fuleco)」。フレコはポルトガル語でサッカーを意味する「futebol」と、エコロジーを意味する「ecologia」を組み合わせた造語。ブラジルの固有種で、絶滅の恐れがあるミツオビアルマジロを採用した。
  • サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会=2014年6月12日~7月13日

 サッカー・ワールドカップ(W杯)は8強が出そろい、7月5日(日本時間)からは準々決勝に突入する。いくつものスーパープレーや胸を打つ光景が印象に残るが、ピッチを駆け抜ける選手にイケメンが多いことにお気づきではないだろうか。14日にサッカーの聖地、マラカナン・スタジアム(リオデジャネイロ)で別格の輝きを放ち、頂点に登り詰めるイケメンは一体誰か。目が離せない。

 今大会最注目のイケメンといえば、コロンビア代表のMF、22歳の新鋭ハメス・ロドリゲスだろう。4戦連発の通算5ゴールでチームを初のベスト8に導いた上、メッシ(アルゼンチン)、ネイマール(ブラジル)の2大スーパースターを抑えて、得点ランキング単独トップに躍り出た。実力もトップレベルのイケメンなのだ。

 6月25日の日本戦の後半、途中出場でロドリゲスがピッチに立ったとたんにコロンビアの攻撃は活性化。2アシストと1ゴールでチームに勝利をもたらしたのは記憶に新しい。鋭いフェイントで吉田麻也をかわしてループシュートに持ち込んだ鮮やかなプレーは敵ながらあっぱれだった。まさしく1戦ごとに存在感を増すイケメンだ。

 ロドリゲスは、14歳の2006年、母国でプロデビュー。ポルト(ポルトガル)などを経て13年に移籍金4500万ユーロ(約58億5000万円)でモナコ(フランス)に加入した。

「絵になる」男たち 涙も誘う

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ