サイトマップ RSS

【鎌倉海びより】マナー向上 試練の夏 (1/2ページ)

2014.7.8 09:50

鶴岡八幡宮の禰宜(ねぎ)さんが海の安全を祈願し、巫女(みこ)さんが浦安の舞を奉納した=2014年7月1日、神奈川県鎌倉市

鶴岡八幡宮の禰宜(ねぎ)さんが海の安全を祈願し、巫女(みこ)さんが浦安の舞を奉納した=2014年7月1日、神奈川県鎌倉市【拡大】

  • 神奈川県鎌倉市
  • 神奈川県鎌倉市

 本格的な夏にはまだ少し早いが、由比ガ浜では(7月)1日午前、鎌倉市内の3海水浴場合同の海開き式が開かれた。午前10時過ぎ、式典が始まりますよという前打ちの花火がパンパンと威勢のいい音を響かせる。

 そういえば小学生の頃、運動会の朝には花火があがった。半世紀も前の話だ。

 そうか鎌倉ではいまも花火があがりますか。このレトロなワクワク感は意外に魅力的だ。歳をとったかな、やっぱり。

 鎌倉の海開きは毎年、海の家の組合が主催する神事の部分と市が主催する式典の2部構成になる。実質的にはひとつながりのようにも思えるが、政教分離ということでしょうね。海の伸びやかさに比べると、人の世はやや窮屈だ。

 その神事。鶴岡八幡宮の禰宜(ねぎ)さんが海の安全を祈願し、巫女(みこ)さんが浦安の舞を奉納する=写真。「波穏やかで安泰な日本を」と祈る舞だ。鎌倉の海水浴場は昨年、海の家のクラブ化や風紀の乱れが大きな問題となり、その対応に追われた。

夜8時半以降は波音タイム

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ