サイトマップ RSS

過激と静寂 変幻自在の凄腕ドラマー リチャード・スペイヴン「ホール・アザー」 (3/4ページ)

2014.7.9 16:10

  • クリエーティブ・ディレクター、DJ、執筆家の沖野修也さん=2014年1月23日(提供写真)

 一言ではその方向性を言い表せない独特な世界観が表現された作品だが、歌もの、インストゥルメンタルを問わず徹底的にたたきまくるリチャードのプレーが主役になっている。通常、ステージでの配置は常にボーカリストの背後になるドラマーでも、本人名義のアルバムでは、ボーカリストと並列、あるいは中央に位置しているあたりが斬新である。

 それでも、決してうるさいという印象はなく、全編通して貫かれる幻想的かつ映像的なアレンジで、この作品は極上のリスニングアルバムに仕上がっている。最先端、最高峰である技術と発想を持ちながら、実は寡黙なリチャードの性格も反映されているのかもしれない。いずれにしても、そのアンビバレントがニューアルバム「ホール・アザー」の魅力なのである。過激と静寂。その両者が共存する音楽を堪能していただきたい。(クリエイティブ・ディレクター/DJ 沖野修也/SANKEI EXPRESS

音楽アーティスト Richard Spaven略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ