サイトマップ RSS

パリジャンを虜にする味 忠実に再現 コム シェ ミッシェル (1/4ページ)

2014.7.13 14:35

芳醇で濃厚で上品な味わいの「フォアグラ、マグレ鴨、イチジクのテリーヌ」は、ワイン好きには極上といえる究極のメニュー。「持ち帰り用に売ってほしい」との要望が多いのもうなづける=2014年6月11日、京都市中京区(恵守乾撮影)

芳醇で濃厚で上品な味わいの「フォアグラ、マグレ鴨、イチジクのテリーヌ」は、ワイン好きには極上といえる究極のメニュー。「持ち帰り用に売ってほしい」との要望が多いのもうなづける=2014年6月11日、京都市中京区(恵守乾撮影)【拡大】

  • メーンの肉料理「国産牛ほほ肉のブイヨン煮、エストラゴン風味」は、繊細ながらも強く主張するブイヨンの旨味が肉のボリューム感や持ち味を引き立てる=2014年6月11日、京都市中京区(恵守乾撮影)
  • 「根セロリのポタージュ」は、フランス産の根セロリと玉ねぎのブイヨン、そして牛乳を使った夏らしいさっぱり感が魅力だ=2014年6月11日、京都市中京区(恵守乾撮影)
  • 魚料理「イトヨリのポワレ、黒オリーブソース、3種のお米添え」は、表はカリッと、中はふわっと焼かれた新鮮なイトヨリに、黒オリーブ、ニンニク、アンチョビ、ケッパーで作った味わい深いソースが絡む=2014年6月11日、京都市中京区(恵守乾撮影)
  • フランスの伝統菓子「パリブレスト」。さっくりしたシュー生地と、アーモンドで作る濃厚で柔らかなプラリネクリームの甘みが絶妙だ=2014年6月11日、京都市中京区(恵守乾撮影)
  • 「京都で予約の取れない店をめざしたい」と抱負を語るオーナーシェフの大川隆氏=2014年6月11日、京都市中京区(恵守乾撮影)
  • パリのビストロを思わせる瀟洒(しょうしゃ)な外観=2014年6月11日、京都市中京区(恵守乾撮影)

 【京都うまいものめぐり】

 京都市を東西に走るメーンストリート、御池(おいけ)通から柳馬場(やなぎのばんば)通を少し南下した洛中のまさに中心部に2009年4月、オープンしたフレンチレストラン「コム シェ ミッシェル」。フランス人観光客も驚愕(きょうがく)する本場パリのビストロの味を忠実に再現し、昨秋発売の「ミシュランガイド 関西 2014」では、星は付かないが調査員お薦めの「ビブグルマン」に選ばれた。以来、首都圏からのリピーターも増えるなど評価を高めている。

 あっさりなのにコク

 京都市伏見区出身のオーナーシェフ、大川隆氏(45)は、京都や大阪の名門ホテルで腕を磨いた後、パリ10区にある有名なビストロ「シェ ミッシェル」で3年間修業するなど、計約5年間、パリで過ごした。

 家庭的な優しい味でパリジャンを虜(とりこ)にする「シェ ミッシェル」と、ここで活躍する凄腕シェフ、ティエリー・ブルトン氏の腕前に感銘を受けた大川氏は、帰国後、このお店の味を地元・京都で忠実に再現すると決意し、京都では最高の立地といえる現在の場所でのオープンを実現させた。

ブイヨンで煮込む

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ