サイトマップ RSS

川内原発「合格」 今秋にも再稼働 規制委、火山やサイバーテロ対策評価 (1/4ページ)

2014.7.17 10:15

図表を使いながら新規制基準の要点などについて説明する原子力規制委員会の田中俊一(しゅんいち)委員長=2014年7月16日、東京都港区の原子力規制委員会(大里直也撮影)

図表を使いながら新規制基準の要点などについて説明する原子力規制委員会の田中俊一(しゅんいち)委員長=2014年7月16日、東京都港区の原子力規制委員会(大里直也撮影)【拡大】

  • 九州電力川内(川内)原発1、2号機の安全対策=2014年7月16日現在
  • 九州電力川内(せんだい)原発=鹿児島県薩摩川内市

 原子力規制委員会は7月16日の定例会で、九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県)の事実上の合格証となる「審査書案」を了承した。昨年(2013年)7月の審査開始から約1年を経て、新規制基準に基づく安全性を確認した。

 審査申請中の12原発19基のうち、川内は重大事故や地震、津波対策を強化した新規制基準の合格第1号となり、地元の同意などを経て今秋にも再稼働する。

 規制委の田中俊一(しゅんいち)委員長は16日午後の定例会見で「もう少し早くまとめられるかと思ったが、時間がかかった。これで十分という気持ちはないが、考えられることについて評価している。一つのヤマを越えた」と話した。

 川内1、2号機は福島第1原発とは異なる加圧水型軽水炉(PWR)で、九電は昨年(2013年)7月8日の新基準施行当日に審査を申請した。

 審査書案は418ページで、「施設の設計基準」と「重大事故対策」の大きく2つに分けて記載。地震、津波、竜巻、火山の噴火などの自然災害を個別に評価し、重大事故が起きた場合にどういう対策が取られているかを詳細に記述した。

原子力規制委員会、火山やサイバーテロ対策評価

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ