サイトマップ RSS

同い年の女友達って、すごく支えになる 「女の子は、明日も。」著者 飛鳥井千砂さん (1/3ページ)

2014.7.27 14:00

 【本の話をしよう】

 25万部超のベストセラーとなった『タイニー・タイニー・ハッピー』など、現代の女性のリアルを描き続けてきた作家、飛鳥井千砂(あすかい・ちさ)さん(35)。新刊『女の子は、明日も。』では“女の子”から“女性”へと移り変わりつつある4人の30代の心と体に、丁寧に寄り添った。

 それぞれに違う悩み

 年上の医者と不倫の末に結婚した満里子、仕事に悩みを抱える女性誌編集者の悠希、不妊治療を始めたマッサージ師の仁美、売れっ子翻訳家の理央-。32歳の4人は、14年ぶりに再会した高校の同級生。自分と“彼女”との違いに苦しみ、けれど同時に救われる…。負の感情をきっちりと受け止めながらも、さらりと優しい読み心地だ。「『女子』というと、ドロドロした部分がフィーチャーされるけれど、今回の作品ではそれだけではない、女友達同士が本当に互いに慈しみあえる関係を描きたかった。夫には異性ということで生理的なレベルで共感してもらえないし、親には世代が違うためやっぱり分かってもらいにくい。そういったとき、同い年の女友達って、すごく支えになるから」

体の仕組みだけは変わらない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ