サイトマップ RSS

【Q&A】期限切れ食材 問われる企業チェック 国の検疫に限界 (1/3ページ)

2014.7.28 11:25

中国製チキン商品の販売を中止したマクドナルドの店舗に張り出されたお知らせ=2014年7月25日、東京都港区(共同)

中国製チキン商品の販売を中止したマクドナルドの店舗に張り出されたお知らせ=2014年7月25日、東京都港区(共同)【拡大】

  • <食品の期限表示>賞味期限、消費期限=2014年7月27日現在
  • 【期限切れ鶏肉】<上海福喜食品(中国・上海市)>ナゲット輸入の検査態勢=2014年7月24日現在

 ファストフードチェーンやコンビニエンスストアが商品を輸入していた中国・上海の食品加工会社が、期限切れの食肉を扱っていたことが明らかになりました。日本国内で販売された商品に期限切れの材料が使われていたのかどうかは確認されていませんが、商品が販売停止となるなど影響は大きく、「食品の期限」への関心が高まっています。

 Q 何が問題となっているのですか

 A 上海の食品加工会社が製造していた「チキンナゲット」の原材料に、使用期限を過ぎた鶏肉を使っていたことが発覚しました。

 Q 日本国内ではどんな影響が出ているのですか

 A 日本マクドナルドとファミリーマートがチキンナゲットを輸入し販売していました。消費者の健康被害は確認されていませんが、問題発覚を受けて販売を中止したり、別ルートで仕入れたりする措置が取られました。

 Q そもそも、食品の期限にはどのような基準や規定があるのですか

 A 国内では大きく「賞味期限」と「消費期限」の2つがあります。一方、問題となった「使用期限」は、業者間の取引時に品質を保つための自主基準に当たります。現地メディアによると、今回のケースでは、使用期限が6日間だったにもかかわらず、半月経過した鶏肉を使用していたとされます。

原材料が期限切れかどうかを調べるのには限界

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ