サイトマップ RSS

【期限切れ鶏肉】マクドナルド1日当たり2割減収 業績予想「未定」 カサノバ体制正念場 (1/4ページ)

2014.7.30 09:20

期限切れ食肉の使用問題発覚後初めての記者会見に臨む日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長=2014年7月29日午後、東京都内のホテル(共同)

期限切れ食肉の使用問題発覚後初めての記者会見に臨む日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長=2014年7月29日午後、東京都内のホテル(共同)【拡大】

  • 日本マクドナルドの最近の業績=2013年1月~2014年6月。※前年同月比伸び率、既存店ベース

 日本マクドナルドホールディングス(HD)は7月29日の決算発表会見で、仕入れ先だった中国の食品会社による期限切れ鶏肉使用問題を受け、材料の最終加工国や原料の原産国の公開、調達先への臨時監査実施といった品質管理の強化策を発表した。さらに(7月)22日の問題発覚以降、1日当たりの売上高が計画比で15~20%減少していることも明らかにした。日本マクドナルドHDは問題の影響が読み切れないとして、最終利益で60億円とするなどしていた2014年12月期通期連結決算予想を取り消し、「未定」とした。

 サラ・カサノバ社長(49)は会見の冒頭、「お客さまに懸念、心配をかけ、深くおわびする」と謝罪。さらに問題の食品会社の行為に「絶対に許せない」と厳しく批判するととともに「だまされた」との立場を示した。

 ただ、現時点では期限切れの製品が「日本向けだったという確かな事実は確認できていない」として、問題となった「チキンナゲット」の購入者への返金は考えていないという。その上で、カサノバ社長は「日本で使用されたことが確認されれば、消費者への返金を検討する」と説明した。

業績予想「未定」 カサノバ体制正念場

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ