サイトマップ RSS

本場の味 こだわり食材「ピッツァ」 Da Yuki (4/4ページ)

2014.8.4 17:40

  • インサラータディマーレ。海の幸のサラダ仕立てフレンチキャビア添え(1200円)。イカ、タコ、エビ、ムール貝、マスの卵のフレンチキャビアなど、旬の魚介類がふんだんに使われた海に面したナポリ料理らしい前菜=2014年7月25日、京都市左京区(門井聡撮影)
  • フランス産ジロール茸とサルシッチャのインパデッラ(1300円)。自家製ソーセージのサルシッチャにサマートリュフがふんだんにちりばめられた夏限定の一品。ジロール茸とサルシッチャの食感にサマートリュフがほんのり香る=2014年7月25日、京都市左京区(門井聡撮影)
  • メーンの尾崎牛内もも肉のビステッカ(3200円)。宮崎県産の去勢牛を使った赤身のステーキ。窯で焼かれたトロペアの赤タマネギはとろけるような味わいに、ほっこり甘い「インカの目覚め」が添えられている=2014年7月25日、京都市左京区(門井聡撮影)
  • カボチャの冷たいスープ。リコッタチーズと枝豆のせ(500円)はなめらかで優しい味わい=2014年7月25日、京都市左京区(門井聡撮影)
  • 賀茂ナスと水牛モッツァレラのアルフォルノ(1000円)。アルフォルノとはオーブンや窯で焼くことを意味する。夏の京野菜、賀茂ナスを素揚げしたものにラグーソース、リコッタチーズ、トマトの4層を、燻製したモッツァレラチーズが柔らかく包み込む=2014年7月25日、京都市左京区(門井聡撮影)
  • 薪窯でピッツァを焼くオーナーシェフの鎌田友毅さん=2014年7月25日、京都市左京区(門井聡撮影)
  • こぢんまりとした店内はいかにもピッツェリアの雰囲気。琵琶湖疎水沿いの緑を眺めることができる=2014年7月25日、京都市左京区(門井聡撮影)
  • 外観はレトロなれんが造り=2014年7月25日、京都市左京区(門井聡撮影)

 「手軽に食べられておなかいっぱい、そんなお店を目指しています」と鎌田シェフ。そのためイタリア料理の王道といえるパスタはメニューに上らない。ピッツァを中心に前菜、メーンとアラカルトだ。

 平安神宮や岡崎公園に近いこともあり、気候の良い観光シーズンなら、お弁当感覚で外で食べたい人向けに気軽にテークアウトできるのもうれしい。

 いま、店内の窓から望むのは、疎水沿いの桜並木の夏らしい青々した緑。暑い古都で食べるナポリピッツァをお伴にすれば、きりっと冷やしたワインやビールのグラスが進みそうだ。(文:木村郁子/撮影:門井聡/SANKEI EXPRESS

 ■Da Yuki(ダ ユウキ) 京都市左京区岡崎円勝寺町36の3、(電)075・761・6765。ランチは正午から午後3時、ディナーは午後6時から10時30分(LO)。ランチ、ディナーとも予約がベター。月曜定休。持ち帰りピッツァは、マリナーラ(950円)から、箱代50円が別途必要。

 ※価格はすべて税込みです。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ