サイトマップ RSS

戯曲で表現しにくかったこと すっと心に 「ヒッキー・カンクーントルネード」著者 岩井秀人さん (1/3ページ)

2014.8.5 17:35

 【本の話をしよう】

 向田邦子賞と岸田國士戯曲賞をダブル受賞した映像・演劇界の奇才、岩井秀人(ひでと)さん(40)が、「ヒッキー・カンクーントルネード」で小説家デビューを果たした。自身が主宰する劇団の旗揚げ作でもある同名の戯曲を、小説という新たな視点で再構成した。

 「最初に編集者から小説執筆の話をもらったとき、『責任取れないですよ』って言ったんです。そもそも僕、全く本も読まないし…」。演劇、映像と2つのメディアで活躍するが、小説には自身の中でハードルがあったという。「強烈な文体を確立していないとダメだ、と思っていて。でも、『エッセーみたいな調子でいいんですよ』と言われて、それなら自然に書けるかな…って」

 「新作を書くより、今まで愛されてきた作品を繰り返し上演したいタイプ」と語る自身が、初題材に選んだのは、処女作にして代表作の戯曲だ(2003年初演)。プロレスラーに憧れている引きこもりの登美男は、妹だけが唯一の理解者。ある日、登美男の将来を案じた母が、引きこもりを治す“出張お兄さん”なる青年を家に連れてくるが…。16歳から4年間引きこもっていたという自身の経験をもとにした、思い入れの強い作品だ。

すごく自由だなと感じた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ