サイトマップ RSS

シャトー・アンジェリュス2012の21.7金ボトルに込められた意味 青木冨美子 (1/2ページ)

2014.8.7 12:15

2012年ビンテージを手にするアジア担当PRマネージャーのボング・グルラ・トラムさん(左)と、ソムリエの田崎真也さん=2014年7月30日(青木冨美子さん撮影)

2012年ビンテージを手にするアジア担当PRマネージャーのボング・グルラ・トラムさん(左)と、ソムリエの田崎真也さん=2014年7月30日(青木冨美子さん撮影)【拡大】

 【ワインのこころ】

 ワインラバー垂涎(すいぜん)の的『シャトー・アンジェリュス』はボルドーの右岸サン・テミリオン地区にあります。10年に1度見直されている格付けで、2012年、晴れてプルミエ・グラン・クリュ・クラッセ“A”に昇格。サン・テミリオンの双璧シュヴァル・ブランとオーゾンヌと肩を並べることになりました。おめでとうございます!

 1782年創業のアンジェリュスにとって“2012年”はサン・テミリオンに居を構えて230年目の記念年です。長い歴史のなかでも7代目のユベール・ド・ブアール・ド・ラフォレスト現当主の過去30年にわたるワインへの取り組み、功績は大きく、その成果が“A”への評価につながりました。

 12年から始めたシャトーの大規模改修も26カ月の歳月をかけて今年完成したことから、12年ビンテージへの特別な思いをボトルでも表現することになりました。

バースデービンテージのお祝いに

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ