サイトマップ RSS

ドイツのモノづくり 古都で「和」と融合 ライカ京都店 (1/4ページ)

2014.8.7 15:00

ライカの世界観と「和」が融和している=2014年7月22日、京都市東山区(恵守乾撮影)

ライカの世界観と「和」が融和している=2014年7月22日、京都市東山区(恵守乾撮影)【拡大】

  • 壁面には元の町家にあったかまどのふたが再生されていて、開くと往年のライカカメラが鎮座している=2014年7月22日、京都市東山区(恵守乾撮影)
  • 京都店限定の「ライカX2オリーブ」(28万円+税)。X2のモダンなデザインとクラシックなイメージのオリーブカラーが絶妙にマッチしている=2014年7月22日、京都市東山区(恵守乾撮影)
  • 京都店オープン記念モデルのレンジファインダー式フィルムカメラ「ライカMPオリーブセット」(163万円+税)=2014年7月22日、京都市東山区(恵守乾撮影)
  • 西陣織の「細尾」とコラボレートしたカメラバッグ(7万5000円+税)=2014年7月22日、京都市東山区(恵守乾撮影)
  • 京友禅「千總」のシルク生地が内側に使用されたレザーポーチ。Lサイズ(1万4000円+税)とSサイズ(1万2000円+税)=2014年7月22日、京都市東山区(恵守乾撮影)
  • 親骨にライカのロゴがあしらわれた「宮脇賣扇庵」の扇子(6000+税)=2014年7月22日、京都市東山区(恵守乾撮影)
  • 2階の「ライカギャラリー」では著名な写真家の作品を展示している=2014年7月22日、京都市東山区(恵守乾撮影)
  • のれんに染められたライカのロゴが目印=2014年7月22日、京都市東山区(恵守乾撮影)

 【大人の時間】

 ≪幻の「オリーブカラー」≫

 カメラ好きならずとも「ライカ」のカメラに特別の思いを抱く人は多い。ライカカメラ誕生100年の今年3月、京都祇園の花見小路通(はなみこうじどおり)に新たな旗艦店として「ライカ京都店」がオープンした。国内7店舗目となる京都店は築100年の町家を生かした趣のある空間に、ライカ独特の世界観が醸し出されている。

 都をどりで有名な祇園甲部歌舞練場の向かいにある「ライカ京都店」。周囲の景観に溶け込んだ外観だが、ライカのロゴマークが控えめに染められたのれんで、ライカストアであることを確認した。

 店内は、ライカ特有の赤と黒を基調としたスタイリッシュな空間。ライカの現行モデルがフルラインアップされており、思わず息をのむ。国内限定モデルに引きつけられた。

 「ライカ京都店オープンを記念して、幻のモデルといわれるオリーブカラーを採用しました」と京都店スタッフの西村公一さんが説明する。シルバーボディーのベースにオリーブ色のレザーのシックな装いのドイツ製コンパクトデジタルカメラ「ライカX2オリーブ」は限定50台、京都店のみの販売だ。

限定グッズも豊富

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ