サイトマップ RSS

一つずつ積み上げるものづくり感が好き 舞台「君となら」 竹内結子さんインタビュー (1/4ページ)

2014.8.9 11:30

「どんなに悪いことをした人も、人間っぽく、愛すべき存在として描く。三谷作品のそんなところが好きです」と語る、女優の竹内結子(ゆうこ)さん=2014年7月15日、東京都新宿区(小野淳一撮影)

「どんなに悪いことをした人も、人間っぽく、愛すべき存在として描く。三谷作品のそんなところが好きです」と語る、女優の竹内結子(ゆうこ)さん=2014年7月15日、東京都新宿区(小野淳一撮影)【拡大】

 「いつかは舞台に立ちたいと思っていた」という女優、竹内結子(ゆうこ、34)が今日(8月)9日開幕の三谷幸喜作・演出の「君となら」で初舞台を踏む。

 映像出演が引きも切らない人気女優。舞台のオファーは過去にもあった。今、なぜ舞台にと聞くと、「三谷さんからお話をいただいたから。やる、やる、と二つ返事で乗り出しました」。

 竹内が過去、出演した三谷作品を振り返ると、「ステキな隠し撮り」(2011年)、「大空港2013」(13年)など、舞台のようにノンストップでカメラを回してシーンを撮り切るドラマが続いた。「ステキな隠し撮り」では、劇中、竹内が足を滑らせ転倒するハプニングが。共演の深津絵里の機転も借りて切り抜けると「面白い」と評判になった。続く「大空港-」は、共演者とのアドリブの応酬に打って出て、100分間、ノンストップで演じ切った。

難易度は高いです

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ