サイトマップ RSS

ビール開発競争 重税が生んだ新ジャンル 品質向上に懸念も (1/4ページ)

2014.8.18 08:20

第3のビールだった「極ZERO(ゴクゼロ)」を発泡酒に変更して再発売し、記者会見するサッポロビールの尾賀真城(おが・まさき)社長。ゆがんだ税制のために、日本のビールメーカーは高い技術力と経営資源を「ビールっぽいもの」をつくることに傾けざるを得ないのが現状だ=2014年7月15日、東京都渋谷区(共同)

第3のビールだった「極ZERO(ゴクゼロ)」を発泡酒に変更して再発売し、記者会見するサッポロビールの尾賀真城(おが・まさき)社長。ゆがんだ税制のために、日本のビールメーカーは高い技術力と経営資源を「ビールっぽいもの」をつくることに傾けざるを得ないのが現状だ=2014年7月15日、東京都渋谷区(共同)【拡大】

  • ビール類飲料の税額の推移(1990年~2014年)=2014年8月17日現在、※発砲酒として再発売された「極ZERO」、※1キロリットル当たり

 人気を集めてきた新ジャンル商品の「第3のビール」に巨額の追加税が発生したことで、業界が騒がしくなっている。複雑な税率区分を背景に、各メーカーが重税を回避しようと開発競争を進めてきた新ジャンル。しかし、こうした商品に経営資源を奪われれば、本来のビール造りがおろそかになりかねないと懸念する声も出ている。

 広がる不信

 6月、サッポロビールの新ジャンル「極ZERO(ゴクゼロ)」について、新たに酒税約116億円が発生することが判明した。税率が低い新ジャンルに該当するか確認するため、国税当局が情報提供を求めたことが発端となった。

 結局、サッポロは税率の高い発泡酒として再発売し、差額分の酒税を修正申告した。製法や成分のどこに問題があったのかは不明で、業界には「当局の思惑が分からない」と不信が広がる。

 そもそもビールの酒税は他の酒に比べて高いと言われてきた。ビール酒造組合によると、アルコール1度当たりの酒税は44円。同じ醸造酒のワインや日本酒と比べると約6倍で、小売価格の4割を酒税が占める。

財務省「ビールに近い商品なので、税率格差を縮めた」 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ