サイトマップ RSS

「作り手の心が第一」 引き継がれる味と思い フランソア喫茶室 (1/4ページ)

2014.8.18 17:20

さっぱり感漂う「レアチーズケーキ」。暑さ対策にどうぞ=2014年7月22日、京都市下京区(柿平博文撮影)

さっぱり感漂う「レアチーズケーキ」。暑さ対策にどうぞ=2014年7月22日、京都市下京区(柿平博文撮影)【拡大】

  • 柔らかい甘さが魅力の「ガトーフランソア」=2014年7月22日、京都市下京区(柿平博文撮影)
  • まさに「シャルロット・ポワール」。味も、見た目も逸品の「洋なしのババロア」=2014年7月22日、京都市下京区(柿平博文撮影)
  • 種類も豊富なクッキーはコーヒーとあわせて…=2014年7月22日、京都市下京区(柿平博文撮影)
  • 果物の貴婦人と呼ばれる洋なしをふんだんに使った「ラ・フランスジュース」=2014年7月22日、京都市下京区(柿平博文撮影)
  • 酸味の利いたレモンカードの上にふんわり甘いメレンゲが絶妙な「レモンパイ」=2014年7月22日、京都市下京区(柿平博文撮影)
  • 「まずは作り手の心」と話す経営者の立野隼夫さん=2014年7月22日、京都市下京区(柿平博文撮影)
  • ステンドグラスが美しい店内=2014年7月22日、京都市下京区(柿平博文撮影)
  • 白い洋館風の装いが際立つフランソア喫茶室=2014年7月22日、京都市下京区(柿平博文撮影)

 【京都うまいものめぐり】

 京都随一の繁華街、四条河原町の近くを流れる高瀬川沿いにあるフランソア喫茶室。あこがれて京都に住み、京都検定1級合格記者として京都での仕事が多いため、取材後、大阪の会社に向かう前のリラックスタイムとしてしばしば立ち寄る。誰にでも行きつけというものがあるだろうが、この店は筆者にとってはそのひとつである。クラシック音楽の流れる店内でいただく手作りスイーツとアメリカンコーヒー。これが定番になっている。

 濃さ調節は豆の配合のみ

 西木屋町通を四条通からやや南へ下がった高瀬川沿いに立ち並ぶ店舗の中でも、築80年という国の登録有形文化財にも指定される白い洋館風の建物はやはり際立つ。

 こぢんまりしたドアを開けて中に入る。初めての人は店内の暗さに戸惑いもするかもしれないが、すぐにヨーロッパの宮殿に入ったような雰囲気に心を奪われる。

レモンの酸味で暑さ対策

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ