サイトマップ RSS

南スーダン 独立後も続く衝突 憎しみの連鎖が子供をむしばむ (5/5ページ)

2014.8.20 18:10

避難する途中で生まれた男の子を見守るお母さん。父親は殺された=2014年4月10日、南スーダン(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)

避難する途中で生まれた男の子を見守るお母さん。父親は殺された=2014年4月10日、南スーダン(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)【拡大】

  • 国連世界食糧計画(WFP)と協働で行った食糧配布の様子=2014年5月23日、南スーダン(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 家計を少しでも支えようと露店を開く子供たち=2014年5月30日、エチオピア・ガンベラ(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • キャンプには、保護者を失った子供たちも多い。上の子が下の子の面倒を見る姿が良く見られる=2014年5月29日、エチオピア・ガンベラ(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 土の上にテントを張り、避難生活を送る親子。足元は非常にぬかるんでいる=2014年7月9日、南スーダン・マラカル(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 国連の難民キャンプに逃れてきた子供たち。学校も遊ぶ場所もない=2014年7月9日、南スーダン・マラカル(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパンの中村ゆきさん(左から2人目)=2014年5月30日(本人提供)
  • エチオピア・ガンベラ、南スーダン・マラカル
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 ■なかむら・ゆき 大学卒業後、ODA(政府開発援助)関連業務を請け負うコンサルタント会社に約7年勤務。在職中の1997~99年、青年海外協力隊でタイに村落開発普及員として派遣される。2001年よりNGOに勤務し、緊急支援事業でエチオピア短期派遣後、村落開発コーディネーターとしてフィリピン駐在。一般企業勤務を経て、07年5月にワールド・ビジョン・ジャパン入団。現在、支援事業部緊急人道支援課のプログラム・オフィサー。

 ■ワールド・ビジョン・ジャパン キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。www.worldvision.jp/

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ