サイトマップ RSS

【広島土砂崩れ】不備が重なり「複合災害」に 死者39人、不明者43人 (1/3ページ)

2014.8.22 09:25

斜面が崩れ、濁流が流れ込んだ八木地区。山裾の県営住宅の間を家屋をのみ込んで流れた=2014年8月20日午前9時(共同)

斜面が崩れ、濁流が流れ込んだ八木地区。山裾の県営住宅の間を家屋をのみ込んで流れた=2014年8月20日午前9時(共同)【拡大】

  • 災害発生前の広島県広島市安佐南区八木地区とその周辺(グーグル提供)
  • 広島県広島市安佐北区、安佐南区

 広島市の土砂災害で、広島県警は8月21日、行方不明者が7人から36人増え43人になったと発表した。県警は消防と情報をすりあわせた結果としている。死者は36人から3人増え39人になった。広島市によると全半壊した建物は少なくとも20棟あり、うち8棟が全壊。避難勧告は継続しており、多くの人が避難所での滞在を余儀なくされている。

 広島市安佐南区(あさみなみく)では、警察官や消防、自衛隊員らが生き埋めになったとみられる高校3年の男子生徒の救助作業に当たった。重機で自宅2階部分の屋根などを壊しながら、生徒の行方を捜した。

 集中豪雨、予測は困難

 被害が拡大した一因は、土砂災害のもととなった集中豪雨の発生を気象庁が的確に予測できなかったことだ。積乱雲が直線上に次々と立ち上がる「バックビルディング形成」によるとみられる豪雨を予想するのはそもそも困難なためだ。

 気象庁は(8月)19日午後10時半の時点で1時間で40ミリ、24時間で100ミリの雨と予想。その後の雨の強まりを受けて20日午前2時前には「20日明け方まで土砂災害に警戒。1時間雨量は70ミリ、24時間で120ミリ」と予報を修正したが、実際には安佐北区で1時間に最大101.0ミリの猛烈な雨を観測。午前4時半までの3時間で217.5ミリの大雨となった。

住民に避難勧告届かず

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ