サイトマップ RSS

アイス・バケツ・チャレンジ 世界的ブーム 「ゲーム化」批判も (1/3ページ)

2014.8.28 17:55

難病の「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者支援のチャリティーとして、氷水をかけられる女性たち=2014年8月7日、米マサチューセッツ州ボストン(AP)

難病の「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者支援のチャリティーとして、氷水をかけられる女性たち=2014年8月7日、米マサチューセッツ州ボストン(AP)【拡大】

  • フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者=2014年(フェイスブックから、共同)
  • 米歌手、レディー・ガガさん(動画サイト「ユーチューブ」より)=2014年(共同)
  • ジョージ・W・ブッシュ前大統領の動画の一場面=2014年、米メーン州(AP)
  • ソフトバンクの孫正義社長=2014年8月20日、東京都港区のソフトバンク本社(共同)
  • 京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授(動画サイト「ユーチューブ」から)=2014年(共同)
  • トヨタ自動車の豊田章男社長(フェイスブックから)=2014年(共同)

 バケツに入れた氷水を頭からかぶる人が、爆発的な勢いで世界に広がっている。難病の「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者の支援運動「アイス・バケツ・チャレンジ」だ。運動が成功を収める一方、本来の目的から脱線しゲーム化しているという批判の声も上がり始めた。米政府や議会では禁止令が出るなど、ブレーキをかける動きも出ている。

 一般的なルールは単純だ。友人に指名されたら24時間以内に氷水をかぶるか、ALS支援団体に寄付するかを選択する。氷水を浴びる場合は一部始終の動画をフェイスブックなどで公開し、今度は自分が次に参加する候補者を指名することで運動が広がっていく。

 起源には諸説あるが、この夏に米国から広まったことは確かなようだ。当初は寄付対象が限定されていなかったが、ALS患者支援者の参加をきっかけに、現在の形に定着したとみられている。

動画120万本、目的忘れないで

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ