サイトマップ RSS

【鎌倉海びより】砂浜に架かる橋 (1/2ページ)

2014.9.2 10:50

由比ガ浜と材木座海岸を結ぶ滑川河口の仮設橋(奥)=2014年8月24日、神奈川県鎌倉市

由比ガ浜と材木座海岸を結ぶ滑川河口の仮設橋(奥)=2014年8月24日、神奈川県鎌倉市【拡大】

  • 神奈川県鎌倉市

 8月最後の1週間、関東地方は気温が一気に下がり、秋を感じさせた。雨模様だったこともあって、8月31日でシーズンを終えた鎌倉の海水浴場も、かなり落ち着いた雰囲気になっていた。

 月が明けて1日からはもう海の家の撤収作業が始まっている。この夏も一部海水浴客の傍若無人の振る舞いには、かなりうんざりさせられたが、それでも静かになってくると、夏の終わりがどこか寂しい。

 由比ガ浜と材木座海岸を結ぶ滑川河口の仮設橋も間もなく撤去される。にぎやかなうちにと思い、8月23日(土)に河口よりやや上流の海岸橋から写真を撮った。

 少し離れると、国道134号の滑川橋と仮設の木橋が2階建てに見える。橋のたもとで魚獲りに興じる子供たちの姿もあり、どこかに昔ながらの海水浴場の雰囲気も残る。これも木橋効果だろう=写真

 大雨などで増水していなければ、滑川の河口はせいぜい膝ぐらいの深さなので、海水浴客は裸足でそのまま、じゃぶじゃぶと川を渡ることができる。その点では海水浴シーズン限定の「砂浜に架かる橋」の機能的効果は、それほど大きくない。

海水浴の老舗・鎌倉

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ