サイトマップ RSS

【日本遊行-美の逍遥】其の十二(高岡・富山県) 雨に煙る雨晴海岸 義経も見たか (1/5ページ)

2014.9.2 18:50

雨晴(あまはらし)海岸から見た女岩。名前に反して、残念ながら雨に煙っていた。まわりの小さな岩と合わせると、母子のように見えることから「女岩」と呼ばれるようになったという=富山県高岡市(井浦新さん撮影)

雨晴(あまはらし)海岸から見た女岩。名前に反して、残念ながら雨に煙っていた。まわりの小さな岩と合わせると、母子のように見えることから「女岩」と呼ばれるようになったという=富山県高岡市(井浦新さん撮影)【拡大】

  • 作品の原型を土で型取りする。粘土に和紙の繊維をまぶした土で覆い、そのあと川砂と山砂と粘土を混ぜた土をかぶせる。「外型づくり」と呼ばれる作業をする大澤光民(おおざわ・こうみん)氏=2014年8月9日、富山県高岡市(井浦新さん撮影)
  • 「鋳ぐるみ」という技法で、地金にステンレス線や銅線を埋め込み、火や水、宇宙などを表現する=富山県高岡市(井浦新さん撮影)
  • 固まった中子砂型をロクロで削り、形の微妙な調整を行う。完成形を予想しながらの作業には、鍛練と経験とが求められる=2014年8月10日、富山県高岡市(井浦新さん撮影)
  • 般若保(はんにゃ・たもつ)氏(右)の工房にて、砂型鋳造製法で中子砂型をつくる作業中。砂を込めたら空気を抜き真空にして固める。息子さんの般若泰樹氏(左)も伝統工芸士として活躍しており、未来に向けて技が継承されている=富山県高岡市(井浦新さん撮影)
  • 富山県高岡市
  • 俳優・クリエイター、井浦新(いうら・あらた)さん(本人提供)

 日本の銅器の9割以上を生産する富山県高岡市。この夏、高岡市美術館で開催されている「メタルズ!-変容する金属の美-」展のシンポジウムに参加した。

 古代の青銅器、銅鏡から、金製の勾玉(まがたま)、切り透かしの金銅小幡、二条城二の丸御殿の飾金具、さらに世界を驚かせた明治の超絶技巧や現代の工芸品まで、およそ100点が一堂に会するという豪華な展示を鑑賞し、めったに体験できない金属器の世界にどっぷり浸ることができた。

 美術館に行く前に、高岡の自然の風景をファインダーに収めようと、大急ぎで雨晴(あまはらし)海岸に出かけた。源義経が奥州平泉へ逃げていく途中、突然雨が降り出し、弁慶が岩を持ち上げてその陰で雨宿りをしたという「義経岩(よしつねいわ)」へも行ってみる。

 高岡市唯一の島である男岩、そして女岩も見えた。晴れていれば富山湾越しに立山連峰が連なる絶景が見えるはずだったが、残念ながら雨空に煙っていた。義経もこんな風景を見たのだろうか。かつて日本海沿岸は北前船でつながり、高岡鋳物のニシン釜が北海道まで運ばれていたという話を聞き、遠い土地とのつながりを思う。

実直な営みが美を引き寄せる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ