サイトマップ RSS

愛しのラテンアメリカ(16)ボリビア 先住民女性の社会的地位向上 (1/4ページ)

2014.9.7 15:00

ラパスから約5時間山道をバスで行った村の真新しいサッカー場。エボ・モラレス大統領就任後に建設された=ボリビア・チュルマニ(緑川真実さん撮影)

ラパスから約5時間山道をバスで行った村の真新しいサッカー場。エボ・モラレス大統領就任後に建設された=ボリビア・チュルマニ(緑川真実さん撮影)【拡大】

  • ラパスの観光地「VALLE_DE_LA_LUNA(月の谷)」の入り口で観光客を待つスタッフの女性=ボリビア(緑川真実さん撮影)
  • ペルーとの国境、ティティカカ湖畔の街コパカバーナは開発が進み、ホテルが次々と建設されていた=ボリビア(緑川真実さん撮影)
  • バスの呼び込みをするチョリータ。以前はこの役は少年が担っていた=ボリビア・ラパス(緑川真実さん撮影)
  • 奇岩が多く、自然の造形美に圧倒される=ボリビア・ラパス(緑川真実さん撮影)
  • 街を巡回する市場の店舗の隙間で、野菜などを販売するチョリータたち。最近、正装時にかぶる高級な山高帽のひったくりが多発し、かぶるのを控えるチョリータも多いという=ボリビア・ラパス(緑川真実さん撮影)
  • ボリビア・ラパス

 南米ボリビアの都市、ラパスの様子は一変していた。主に家政婦などの職業についていた「チョリータ」と呼ばれる先住民女性の社会進出が進み、テレビ番組の司会者や公共交通機関の運転手、観光地の受付係など行く先々で彼女たちの姿を見かけるようになったのだ。

 中心街を行き交うワゴン車のミニバスから行き先を告げる少年たちの声はもう聞こえない。木箱を持った靴磨きの少年も姿を消し、児童労働は減少していた。目抜き通りにはチョリータたちの広告や看板が増え、先住民をモチーフとした壁画が大きく描かれている。明らかに、先住民の社会的地位が向上したことを示していた。

 このめまぐるしい変化は、2005年に先住民出身者として初めてボリビアの大統領に当選した、エボ・モラレス大統領の就任から始まる。

 そもそも日本におけるボリビアの知名度は低い。最近では、雨期になると表面に数センチから50センチの水が溜まり太陽の光に反響して鏡のような美しい姿を見せる「ウユニ塩湖」が有名になったが、15年以上前の1997年、私のボリビア留学が決まったときは、名前が似たヨーロッパの「セルビア」と友人に勘違いされるくらい知る人は少なかった。

歴史的転換にも意外な反応

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ