サイトマップ RSS

【エコノナビ】夢じゃない宇宙エレベーター (1/2ページ)

2014.9.10 11:45

 「2001年宇宙の旅」で著名なSF作家のアーサー・C・クラーク氏は米航空宇宙局(NASA)の研究顧問なども務め、人工衛星や人工知能、携帯電話などのさまざまな発明を予言し、実現に導いてきた。

 そうしたクラーク氏が予言していて、次の実現が大いに期待できるのが宇宙エレベーターではないだろうか。地上と宇宙ステーションをエレベーターでつなげば、ヒトやモノの輸送を安全かつ低コストで、しかも大量に行うことができる。特別な訓練を受けた宇宙飛行士でなくても宇宙に行ける。たとえ高齢者や体が不自由な人でもエレベーターに乗りさえすれば、安全に宇宙空間まで運んでくれるのだ。

 宇宙エレベーターはほんの少し前まで単なる夢物語にすぎなかった。しかし、1991年に超強度カーボンナノチューブが発見されたことにより、地球の赤道上と宇宙空間を結ぶ「テザー(ケーブル)」と、移動する「クライマー」と呼ばれる昇降機の研究が本格化。民間団体の宇宙エレベーター協会(JSEA)によれば、「手の届く域に到達しつつある」のだという。

奥澤翔さん率いる技術者4人がつくる「チーム奥澤」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ