サイトマップ RSS

火星宇宙船、不安載せ発射台へ NASA「オリオン」、12月4日に初試験飛行 (1/3ページ)

2014.9.13 00:00

米フロリダ州のケネディ宇宙センター

米フロリダ州のケネディ宇宙センター【拡大】

 米航空宇宙局(NASA)は11日、火星や小惑星に人類を送り込む次世代有人宇宙船「オリオン」の試作機をケネディ宇宙センター(米フロリダ州)でメディアに公開した。12月4日にセンターからロケットで打ち上げられ、無人での初の試験飛行を行う。2030年代半ばの実現を目指す火星への有人飛行がいよいよ本格化するが、その前途は多難だ。今年6月には安全に火星に着陸するための装置の実験に失敗。オリオンを載せる新型ロケットの開発も財政難から遅れている。オリオンは米国の威信と期待に加えて、多くの不安も載せて発射台に向かうことになる。

 耐熱材などテスト

 11日午前8時過ぎ。保護シートに覆われたカプセル型のオリオンは、電力などを供給する円筒形のサービスモジュールの上部に設置された状態で組立格納棟から台車で運ばれ、その姿をみせた。

 「オリオンは組み立て作業を終えた。われわれにとって、まさに歴史的な瞬間だ」

 NASAのオリオン開発計画の責任者、スコット・ウィルソン氏はこう語り胸を張った。

「スペースシャトルより高速で飛行できる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ