サイトマップ RSS

アマゾン守れ 巨大タワーで気候観測 地球温暖化との関連性解明へ (1/3ページ)

2014.9.16 06:00

ブラジル・アマゾン地方

ブラジル・アマゾン地方【拡大】

  • ブラジル・アマゾナス州マナウス(州都)

 アマゾン川流域に広がる世界最大の熱帯雨林と地球温暖化などの気候変動の関係を解明するため、その中心部に高さ325メートルの巨大なタワーを建設する計画が始動した。ブラジル紙が15日までに報じた。地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)の吸収量を観測するほか、気候変動によるアマゾンの生態系への影響を調査する。地球にとってアマゾンの熱帯雨林が欠かすことができない貴重な存在であることを明らかにし、伐採や開発による森林破壊に歯止めをかけるのが狙いだ。

 ブラジルと独研究所計画

 ブラジル紙エスタド・ジ・サンパウロが報じ、フランス通信(AFP)や英BBC放送などが伝えた。それによると、建設されるのは「アマゾン・トール・タワー観測所(ATTO)」。ブラジルの国立アマゾン研究所とドイツのマックスプランク研究所が共同プロジェクトとして進めている。

巨大タワー CO2吸収量などのデータを収集

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ