サイトマップ RSS

本能的な恐怖に… 一気読みの快感味わって 「ギフテッド」著者 山田宗樹さん (1/3ページ)

2014.9.19 19:15

着想から十数年を経て本作を完成させた山田宗樹(むねき)さん。「テーマはもちろん『一気読み』です!」=2014年8月5日(塩塚夢撮影)

着想から十数年を経て本作を完成させた山田宗樹(むねき)さん。「テーマはもちろん『一気読み』です!」=2014年8月5日(塩塚夢撮影)【拡大】

  • 「ギフテッド」(山田宗樹著/幻冬舎、1700円+税、提供写真)

 【本の話をしよう】

 ベストセラー『嫌われ松子の一生』などで知られる作家、山田宗樹さん(48)の新刊『ギフテッド』が刊行された。未知の臓器を持って生まれた人類「ギフテッド」をめぐる、一気読み必至の近未来型ミステリーだ。

 着想は十数年前

 アメリカに住む13歳の少年の体内に未知の臓器が見つかった。以降、同様の臓器を持つ子供たちの存在が相次いで確認される。いつしか彼らは、羨望とおそれを込めて「ギフテッド」と呼ばれるようになった-。

 着想は十数年前。「新聞でがんの特集記事を読んだんです。がんはもちろん怖い病気だけど、未知の臓器に変化しうる存在かもしれない。そこからアイデアを得て一旦プロット(あらすじ)を作ったのですが、どうもありきたりなストーリーしかできなかった」。以来、心の引き出しにしまわれていたアイデアが日の目をみたのは、2012年に刊行された『百年法』がきっかけだった。「新技術で不老を与えられるかわりに100年後に死ななければならない」という設定で、少子高齢化などさまざまな社会的問題を問うた。「『百年法』を書けたことで、以前から温めていたアイデアをものにできるのではないかと自信を持てた」

異物を排除する社会

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ